私たちの生活と腸内フローラの関係

ガンと糖尿病は関係する

人間はさまざまな病気によって命を落としてしまうものですが、その死因の代表的なものはガンと言えるでしょう。そのため、ガン予防に対して誰もが高い関心を持っているものですが、そこで有効となるのが腸内フローラなのです。がん細胞は大腸で発生する傾向にありますが、そこで大腸フローラが関係しています。

腸内に悪玉菌が増えてしまうと硫化水素やインドールなどの毒素を作り、身体に栄養が十分に行かずに抵抗力や免疫力が下がってしまいます。そして、弱ってしまった身体は最終的にガンになってしまうのです。しかし、腸内の善玉菌が多い状態であれば抵抗力が上がりますので、毒素が増えることもありません。この善玉菌と悪玉菌のバランスは腸内フローラによって決まりますので、腸内フローラとガンは密接な関係にあると言えるでしょう。

そして、現代人でしたら糖尿病のリスクも考えなければなりません。糖尿病とはインスリンが出にくくなる病気ですが、短鎖脂肪酸が減少してしまうと糖尿病になってしまいます。この短鎖脂肪酸は腸内フローラの環境が悪くなると減少しますので、糖尿病を防ぐのであれば腸内フローラの環境を整えましょう。これによっていつまでも健康的な生活が送れるのです。